パート主夫と大黒柱な母と三姉妹の、happy-go-luckyな毎日!

はぴごら!〜うちの夫は非常勤講師

育児

ヤマハ音楽教室に通い始めました

投稿日:

今月から長女がヤマハ音楽教室に通い始めました。

ちゃんと楽譜やエレクトーンを習う幼児科の一歩手前、3歳児向けの「おんがくなかよしコースです。まあ、歌って踊って、リトミックみたいなことを楽しくやるというものです。

とはいえ、0歳から保育園に通っていてみんなで歌って踊るみたいなことは日常的にやっている娘。わざわざ同じようなことをヤマハでやる必要あるのかなーと思いつつ、娘にはきちんと音楽の素養をつけさせたいで、いきなり幼児科に行く前にワンステップあった方がよかろうという判断です。ま、私の音楽に対するコンプレックスの裏返しなんですけどね。

 

で、実際レッスンを受けてみると、まずはリズム感を養うことに主眼が置かれているように感じました。音楽に合わせてジャンプするとか、手を叩くとか。

「なんだ、音楽教室とか言いながらそんなことやってんの?簡単じゃない」とあなたは今思いましたね?

それがそーじゃない遺伝子を持つ人間が存在するのですよ、ええ、ええ。

うちの娘は、パン、パン、と2回手を叩くべきところをなぜかパンパンパンと3回叩いていたり、3回ジャンプするところで4回ジャンプしたりとものっすごリズム感がないのです。

 

そして思い出しました。私の母が言っていたことを。私も3歳でヤマハに連れて行かれたらしいのですが「あんたは『パン、パンと2回叩きましょう』ち言われようとにパンパンパンち叩きよった。あー、これだけリズム感が悪かったら音楽は無理やねーち思うた」と…!長女もそのまんま、私と全く同じやないですか!

でもここで私はあきらめませんよ。私が音楽や舞台、ダンスを観るのが好きなのにどうにも基本的なことがわからなくて苦労したので、娘には教養としての、知識としての音楽を身につけさせてやりたいのです。演奏家にしようとかピアノの上手な子にしようとか、そんな大それたことはちっとも考えてません。リズム感がないからこその音楽教室です。

がんばれ、娘!そして私!

 

余談ですが、3歳児の教室なのでみんな「手はおひざに」と言われてもついついエレクトーンの音を出してみたり、つられて他の子もがんがん鍵盤をたたき出したり、先生の話の途中で歌いだしたりしゃべったりとほんとに自由気ままで奔放です。ところが我が娘はそんな中にあってじっと手はひざに置いたままで、先生から指示があるまで勝手に動いたりしゃべったりしません。こういうところはほんと私の性格に似てるよなあ…なんてつくづく思います。

そして先生から指示があって歌や踊りが始まると、さっきまで騒がしかった子たちがきちんと課題をこなしていく中、我が娘はとんちんかんなリズム感を披露し始めるのです…。ああ、つくづく我が子よのう…。母は、お前の味方だぞ…。

 

 

<音楽だけでなく英語育児にもご興味がある方は、こちらの記事もどうぞ♪>

英語育児、じわっと始めてみました。そのために買った本とDVD。

英語育児は本当にいろんなやり方があるなあと実感したプレジデントファミリーの「0歳からの英語」特集

ワールドワイドキッズ 無料おためし教材プレゼント


 







-育児

Copyright© はぴごら!〜うちの夫は非常勤講師 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.