パート主夫と大黒柱な母と三姉妹の、happy-go-luckyな毎日!

はぴごら!〜うちの夫は非常勤講師

自分マネジメント

GTDは好きだけど、デビッド・アレンの『仕事術』の本はいまいちだった…

更新日:





以前の記事「育休明けで仕事の勘がもどらずに自信喪失していませんか?そんな失意の日々から私を救ってくれた2冊の本。」でも絶賛したとおり、私はGTDが大好きです。

 

でも、GTDについて書かれた本は『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』しか読んだことがなかったので続編の『ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則』を読んでみたわけなのですが…。

仕事術というよりは精神論じゃないか。

まあちょっと目次を見てくださいな。

写真 2

写真 1

 

 「何をすればいいかわからないとき、するといいことは何だろうか?」

禅問答かっ!…というのはまあ極端にしても、GTDで「頭の中の気にかかることをすべて書き出す」「次にすべきことを書き出す」というようなひとつひとつの作業をするにあたって、その意義を深く深く考えるための本とでもいいますでしょうか…。

 

いや、これはこれで、こういうことを求める人生のステージにいる人には役に立つかもしれない。

そう、つまり自分の仕事、ひいては人生を俯瞰し、これまでの自分の仕事のやり方を見直してGTDを身につけようというときには。

 

でも今の私は違ったんだなー。

実は年末に部署を異動し、作業内容はもちろん求められる知識も業務量も大幅に変わって、とにかく日々追われるように仕事をこなしながらもがいている私は、もっと即効薬が欲しかったんだなー…。

我流GTDで今は何とかこなしているけれど、もっときちんとGTDを実践することでもっと効率化がはかれるんじゃないかと思って手に取ったのがこの『ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則』だったのですが、明日使える仕事術や整理術が書いてあるわけじゃなかったのですな…。

じゃあやっぱり読むべきはさらにその続編とされる『ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法』の方だったか。

そんなこんなで、わらをもつかむ思いで仕事術を模索する日々は続くのでありました!

 

↑今回買って微妙だった本。

 

 

↓やっぱりこの本が再重要書籍だったのか!?







-自分マネジメント

Copyright© はぴごら!〜うちの夫は非常勤講師 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.