パート主夫と大黒柱な母と三姉妹の、happy-go-luckyな毎日!

はぴごら!〜うちの夫は非常勤講師

宝探し/タカラッシュ 育児

子連れで中央区宝探し!

更新日:

今年もやってきました、中央区宝探し

と言っても去年初めて参加して、今年でまだ2度目の挑戦なんですけどね。

去年はこのイベントに気づいたのが遅くて残り2週間くらいしかなかったのに、1stステージと2ndステージに分かれていて、どんなに調べても現地に行ってもなかなか宝箱が見つけられなかったり、ダマシにもののみごとにひっかかったりして締め切りぎりぎりまでどたばたしていました。

なので今年はさっさと2ndステージに行こうとWEBで宝の地図が公開された直後にダウンロードし、その日のうちにネットを駆使して4時間くらいで8つの宝箱のありかの目処をつけました。

よっしゃ、これですぐにでも1stステージは終えられるな、今年は簡単だったな、とか思いながら細かい説明を読んでいると…。

今年は2ndステージとかなーい!

この8つの謎解いたら終わり…!!!

 

あああ…。

1ヵ月間楽しもうと思ったのに、一晩で終わっちゃったですよ…。

いやもちろん、場所の目処はついても宝箱がどこに実際に隠されているかは行ってみないとわかりません。でも今回は場所に迷いがないんですよねー…。行ってその辺うろうろすればわかるんじゃないかなーなんて。去年は場所すらも曖昧で、その辺りのエリアを行ったり来たりしてましたからねえ…。

でもそんなわけで、今年初めての方でも、これからでも参加しやすいと思います!

今すぐ宝の地図を手に入れて謎解きを開始してください!

ちなみに宝の地図は実際に配布している場所に行って実物をもらうことをおすすめします。PDF版では文字が不鮮明なところがあって、私はそれも必死で考えてなんとか場所を割り出しましたが、今日もらってきた実物地図では何の苦もなくはっきりと地名が読み取れます。うわーん、わたしがんばったのにー(T T)という感じです…。

でも、やっぱり宝探しは楽しいです。

謎を解いてここぞという場所を特定できた時の喜びは言葉では言い表せません♪皆さんもぜひどうぞ♪

 

さて、せっかくなので去年4ヵ月の赤ん坊と2歳4ヵ月の幼児連れ、今年は1歳3ヵ月と3歳3ヵ月を連れて宝探しをして得た乳幼児連れ宝探しのコツなどを書いてみたいと思います。

 

<乳幼児を連れて宝探しをする際のポイント>

1. 日程には余裕をもたせる

まあ子連れで移動するときには当たり前のことですが、予定外のことがたくさん起きます。ましてや今回は宝探し。目指す場所に宝がなかなか見つからないこともあるし、子供の機嫌が悪くなって「おうちに帰る」と言い出すこともあるかもしれません。地図を見て1日で回れると思っても、2,3日かけて回るくらいの気持ちでいた方がいいでしょう。

 

2. 下調べは入念に

もちろんどうしても答えに確信が持てないときは、謎を深追いするより現地に行った方が早いこともあります。でも自宅でのネット検索はできる限りやっておきましょう。場所は特定できた、あとは宝箱探すだけ〜という場合でも、Googleストリートビューなどで現地を確認しておくとより核心に迫ることができる場合もあります。また、街歩き好きの人のブログなどに駅からの行き方が詳細に書いてあることもあります。宝探ししている人のブログ以外も要チェックなのです!

 

3. 食べるところは常に探しながら歩きましょう

子連れで気兼ねせずに食べられるところはそう多くありません。中央区には有名なお店もたくさんありますし、またそういうエリアを回るように宝箱が仕掛けられているのですが、悲しいかな子連れには入りにくかったり、そもそも土日休みだったりします!なので、宝箱を探しにいく途中にも周りをきょろきょろして「あそこにファミレスがあるな」とか「あの居酒屋チェーン店のランチなら子連れも行けるな」とか「この洋食屋はこぢんまりして子連れのお客も多いな」とか常に観察しながら歩くのをおすすめします。「次の宝箱ポイントでご飯食べるから、このエリアではお店探しは必要ない」と思っても、そこですぐに宝箱が見つかるとは限らないし、子供が急におなかすいたと騒ぎだすかもしれません。そもそも宝箱があるのが飲食店がほとんどないエリアということもあるので、お店がたくさんある所を歩いているときには積極的に探しておいた方がいいです。常に保険はかけておきましょう!

 

4. 抱っこひも・ベビーカーは必須

普段のお出かけ形態というのがそれぞれにあると思いますが、どんなパターンにも対応できるよう「お出かけグッズ」は基本的に全部持ち歩いた方がいいと思います。私は去年はずっと下の子をおんぶしていました。今日は上の子と下の子が交代でベビーカーを使い、ベビーカーに乗らない方は抱っこひも(がっちりはめるタイプとななめがけの簡易タイプ)の両方を駆使して2人を運びました。いや、歩けるはずの3歳がなぜか歩かないときもあるのですよ…。それに長丁場になるので、お昼寝も計算に入れないといけません。昼寝の必要な小さな子、昼寝したら重くてとてもじゃないが運べない子がいる場合はベビーカーが必須だと思います。ちなみに私は去年、宝探し中に授乳もしました。必要な方は授乳ケープもぜひおやつは多めに

 

5. 江戸バス・メトロリンク日本橋・都バスを駆使せよ

4でベビーカー必須と書きましたが、中央区は古い地下鉄が多いのでエスカレーターが少なかったりします。宝探しは中央区内をあっちこっち移動して駅を乗り降りするのにその度にベビーカー(+子供)を抱え上げて階段を上り下りするのはほんっとーうに大変です。しかも地下鉄は階段の幅自体狭かったりするから、後ろから来た人、正面から来た人双方にすみませんすみません言いながら結局大渋滞を引き起こすことにもなりかねません。なので、バスをうまく使うことをおすすめします。もちろん本数は少ないですけれど、そのために余裕を持たせた日程にしてありますし、バスに乗ったり電車に乗ったりと変化を持たせた方が子供も喜ぶと思います。それに電車だと乗り換えが必要な区間でもバスだと1本で行けることもあります。ぜひうまくバスを活用してください。

江戸バス 中央区のコミュニティバス。100円で乗れますし、うちの子は「猫さんの赤いバス」と言って気に入っています。ただし、ベビーカーは原則折り畳むのが決まり。臨機応変にどうぞ!

メトロリンク日本橋 なんと無料!ありがたや!運行している区間は短いですが、ちょっと歩くのが大変という時にはお役立ちです!

都バス 路線がたくさんあるので土地勘のないエリアではわかりにくいですが、やっぱり頼りになります。

 

6. 公園で遊びつつ、お弁当もありかも

駅から歩いて宝箱に向かう途中、公園があることも。「遊びたいー、あの滑り台で遊ぶー!」我が家は毎回そんな感じなので、もうそのつもりで宝探ししてます。「だめ、また今度!」とか言って子供の機嫌が悪くなるとそれもまた大変なので、親も子も宝探しが楽しめるようにした方がいいと思います。いつもと違う公園、初めて見る遊具でうれしそうに遊ぶ子供を見つつ、親もベンチで休憩という感じです。お天気がよければ公園でお弁当を食べるというのもいいかもしれません。

 

7. おむつ替えは街中に出たときがチャンス!

これは宝探しに限らず子連れ移動には当たり前の話だと思われるかもしれませんが、念のため。宝箱があるのはお店がほとんどない所だったり、土日は閑散としたビジネス街だったりすることもあります。なので、街中に出たときにデパートで交換したり、お昼はあえてファミレスにしてそこでおむつ替えもしたりした方がいいです。とは言え、どこで大をするかなんて子供次第なのでどうしようもないときはありますが…。

 

いかがでしたか?まあ小さな子のいらっしゃる方には今更という話も多かったかもしれませんが、何か少しでも参考になることがあれば幸いです。

では、宝探しがんばってください!

うちも明日また、今日回りきれなかったところに行ってきまーす♪

 

中央区と言えばここは外せません〜。今日最後に訪れたお店。

 

 


 







-宝探し/タカラッシュ, 育児

Copyright© はぴごら!〜うちの夫は非常勤講師 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.